人間の身体をガンから守る働きを持つ物質

吐血と喀血、どちらも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器)から血が出る症状で、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する状態を表しています。

エイズウイルス、すなわちHIVを含んだ精液や血液の他、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分等に接触する事で、HIV感染の可能性が大きくなります。

鍼灸針を刺してもらう、というフィジカルな無数の刺激は、神経細胞を活性化し、神経インパルスという通称のいわば電気信号の伝達を引き起こすと言われているのです。

演奏会の開催されるホールや踊るための広場などに設けられている非常に大きなスピーカーの隣で大きな音を浴び続けて耳が遠くなることを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいるのです。

AEDというものは医療資格を持っていない人にも取り扱うことのできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに沿って処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する絶大な治療効果をみせます。

学校等の団体行動で、花粉症の症状の為にクラスの友達と同じように外でパワー全開で動くことができないのは、患者である子供にとっても腹の立つことです。

体脂肪の量はさして変化がなく、体重が食物摂取や排尿等によって一時的に増減する時、体重が増加したら体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇します。

トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ作用が特に知られてはいますが、この他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが認められています。

一度永久歯の周囲を覆っている骨を浸食するまでに悪くなってしまった歯周病は、おそらく炎症そのものが落ち着くことはあっても、失ったエナメル質が元通りに構築されることはないと言われているのが現状です。

30才代で更年期になったとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(早期閉経)」という疾患に当てはまります(日本の場合は40才以下の女性が閉経してしまう症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と定義します)。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなどの値によって分かりますが、ここ2、3年肝機能が悪化している国民の数が徐々に増えていると言われています。

内臓脂肪の多い肥満が確認されて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2項目以上一致するようなケースのことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」というのです。

めまいは起こらないのに、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症するパターンのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断するケースも多いようです。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と称されている、白癬菌が股間や陰嚢、臀部などの場所にうつり、定着してしまった病気の事であり即ち水虫のことなのです。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めてきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒素のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられます。

体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖、細胞の生まれ変わりに必要となるタンパク質など、無理な痩身ではこんな体をキープするために絶対欠かせない成分までも欠乏させている。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、分泌が乱れる主因として性ステロイドホルモンのバランスの崩れ、V.B.複合体の慢性的な不足などが考えられます。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば人間の身体をガンから守る働きを持つ物質を作出するための鋳型みたいな遺伝子の不具合で発病してしまうと言われています。

杉花粉症などの症状(水っぱな、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足になり、翌日起きてからのすべての活動に悪いダメージを与えることもあります。

鍼灸の鍼を患部に刺す、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと称される謂わば電気信号伝達を招くという見解が広まっています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、要するに輪っかのような円い形をした紅い色の発疹など、様々な皮膚疾患の総合的な名前であり、素因は非常にいろいろです。

気分障害のうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が見られるのです。

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性であるビタミンEなどとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする作用があります。

食べ過ぎ、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、精神的なストレス、加齢といった複数の誘因によって、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病します。

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けられるのです。

一旦歯の周りを覆っている骨を浸食するまでに悪化してしまった歯周病は、多分進行具合が落ち着いたとしても、なくなった骨が元の量になるようなことはないに等しいと言われています。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制圧、様々な器官の覚醒などを支配しており、大鬱病の患者さんではその作用が低下していることが明らかになっているのだ。

塩分と脂肪の摂取過多は中止して無理のない運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に予防するポイントです。

AEDというのは医療資格を保有しない普通の人でも利用できる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの指示通りにおこなうことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を患者に与えます。

AIDSというのはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全となり健康体では感染しにくい日和見感染や悪性腫瘍を発症する病状そのものの事を称しているのです。

もっと詳しく>>>>>フィナロイドを危険だと気づく

関連記事