友達と集まって楽しく行動できないのは

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物について、肝臓が持つ解毒酵素の効率的な発生を促しているかもしれないという事実関係が判明しました。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘引する有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の機能性を促すような役目が確認されているのです。

体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重が食物・飲料の摂取や排尿等によって一時的に増減するような時、体重が増えた人の体脂肪率は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上昇するのです。

めまいは無いのに、不愉快な耳鳴りと難聴を幾度も発症するケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」と呼ぶようなケースもあるとのことです。

子供の耳管の特徴は、大人のそれと比較すると太目で長さがあまりなく、加えてほぼ水平になっているため、黴菌が入りやすくなっているのです。乳幼児が急性中耳炎に罹りやすいのは、この構造が関わっています。

20代、30代で更年期がやってくるとすれば、医学的な言葉で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という疾患のことを指します(我が国では40才以下の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(POF)」と称します)。

気分障害のうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、不眠、強い憂うつ感、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が心身に現れます。

もし血液検査で残念ながらエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が足りなくて早期閉経(premature menopause)と判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補填してあげる処置方法で改善が期待できます。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞の遺伝情報を破損させたりして、皮膚に良くない影響を与えます。

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)があるのです。

鍼灸針を患部に刺してもらう、という物的な程よい幾多の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名の要は電気信号の化学伝達を引き起こすと言われているのです。

学校のような大規模な団体生活の中、花粉症の症状が原因でクラスのお友達と集まって楽しく行動できないのは、患者さんにとっても残念なことです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が細くなって、血液の流れが途絶えて、酸素や大事な栄養を心筋に届けられず、筋繊維が機能しなくなる恐ろしい病気です。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスの調整や痛みのブロック、様々な覚醒などを操作しており、大鬱病に罹患している人ではその動きが低下していることが科学的に証明されている。

人の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別することができますが、この中耳にばい菌やウィルスなどが付いて炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼ぶのです。

こちらもどうぞ>>>>>らでぃっしゅぼーや 宗教

関連記事