心身両面の健康やビューティーアップのために

学校や幼稚園などの大規模な集団行動をする時に花粉症の症状が原因でクラスのみんなと同じようにしてめいっぱい動けないのは、患者である子どもにとっても寂しい事でしょう。

比較的若い世代で感染症のひとつである結核に抗う免疫(抵抗力)の無い人々が増えたことや、受診が遅れることが要因の集団院内感染(アウトブレイク)が増えています。

エイズウイルス(HIV)を保有している血液や精液、腟分泌液、母乳、唾液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口等に接触すれば、感染の危険性が大きくなってきます。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失われた後に購入できる、同一の成分で経済的な自己負担が小さくて済む(クスリ代が廉価な)後発医薬品のことを指します。

20代、30代で更年期が訪れたとすれば、医学用語では「早期閉経」という疾患に当てはまります(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経してしまう状態のことをPOFと呼んでいるのです)。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪の溜まっている割合で、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キロ)×100」という数式によって値を確認できます。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科処置では「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の二つの異なる治療法が高い頻度で実施されています。

素材がグラスファイバーのギプスは、強靭で重くないのにとても持ちが良く、雨などで濡らしてしまってもふやけないという特長があり、今の日本のギプスの中では第一選択肢だと言われています。

世間では水虫といえばまず足を連想し、ことさら足の裏に発症する病気だという認識が定着していますが、白癬菌が感染する所は足しかないのではなく、体の色んな部位にもうつってしまうという危険性があります。

平成17年以後新しく特保(トクホ)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような一文の表記が義務付けられた。

ただの捻挫だと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、様子をみるよりも、応急処置が終わったら急いで整形外科で診てもらうことが、結局は根治への近道となるでしょう。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究結果として、ワクチンの予防接種効果を見通せるのは、ワクチンを注射したおよそ14日後からおよそ5カ月間程だろうということが分かっています。

「常に時間に追われている」「わずらわしいお付き合いが嫌い」「テクノロジーや情報の著しい進化に追いつけない」など、ストレスを感じてしまう原因はみんな異なります。

体脂肪量には変化がないのに、体重が食物の摂取や排尿等で短時間で増減する時、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上がるのです。

ストレスが溜まる論理や、簡単な抗ストレス法など、ストレスに関係している正しい知識を保有している人は、現時点ではさほど多くはありません。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関するその後の後追い調査の結果によると、成人と比較して体の小さな子どものほうが分散した放射能の有害なダメージをより受けやすくなっていることを痛感します。

ハーバード大学医学部(HMS)の研究によると、1日あたり2杯よりも多くカフェインの除去されたコーヒーに変えれば、恐ろしい直腸癌の罹患率を約52%減らせたのだ。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究の結果、ワクチンの効能が期待されるのは、接種の約2週後からおよそ150日ほどだろうということです。

もしも血液検査で残念ながら卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(Premature Ovarian Failure)と判明した場合は、足りていない分の女性ホルモンを足す手当などで改善が期待できます。

演奏会の開催される会場や踊るためのクラブハウスなどに設けられている大音量スピーカーの正面で大音量を聞き続けて耳が聞こえづらくなることを「ロック外傷」と言います。

ご高齢の方や慢性的に病気をお持ちの方などは、ことさら肺炎にかかりやすくて治るのに時間がかかると言われているので、予防策の徹底や早めの処置が大切なのです。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、正式には股部白癬という名称で、カビの仲間である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの部位に感染し、棲みつく病気のことで俗に言う水虫のことなのです。

内臓脂肪過多による肥満が確認されて、脂質(lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上合致する事例のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。

脚気の症状としては、四肢がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、病状が進行すると、最悪のケースでは心不全などを誘発する可能性があるそうです。

マスクが欠かせない花粉症とは、森のスギや檜などの大量の花粉が素因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーをもたらす病気だといえます。

ピリドキサールには、あのアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するために欠かせない重要な回路へ組み込ませるために一層分解させるのをサポートする作用もあるのです。

バランスの取れた食生活やスポーツは当然ですが、心身両面の健康やビューティーアップのために、特に欲しい栄養を補うために複数のサプリメントを摂る事が常識的になったようです。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は凄まじい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度以上の高熱も出るのが通例です。

「肝機能の悪化」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの数値によって確認できますが、ここ数年肝臓の機能が低下している人々が徐々に増加傾向にあると言われています。

大体は水虫は足、ことさら足の裏にできやすい皮膚病だと捉えられていますが、白癬菌にかかる場所は足だけではなく、全身どこにでも感染する恐れがあります。

こちらもどうぞ>>>>>はははのは 嘘

関連記事